健康診断についてまとめました


健康診断についてまとめました

健康診断は会社員ならば、年一回、深夜業や坑内労働などの場合は年2回の定期に実施しないといけないということが法律で決められているために受けることになります。
一定の有害業務に従事する労働者を対象として行うものとして、特殊健康診断があります。派遣労働者の場合は派遣先が実施しないといけないという義務があります。
これら二つに属しない健康診断は、その他の健康診断等というものがあります。それぞれ検査項目は少し違います。また、意思が必要でないと認めるときは、20歳以上の人の場合は身長が省略することができ、喀痰検査については、胸部X検査によって、疾患の発見、結核発病の恐れがないと判断された場合は省略することができます。
職業などにもよって、検査項目が増えたりします。たとえば、休職従事者の検便など、食堂や炊事場での給食業務に従事する人の雇い入れ時などに伝染病保有者発見のために行うものもあります。
人によっては金額は少し高くなりますが、オプション検査などを希望する人もいます。

健康診断の基礎知識

健康診断を定期的に受けて健康状態をチェックすることで病気を早期に発見することができます。会社では、定期的に受けることが義務付けられているので、毎年受ける必要があります。病気を早期発見することができれば、早期治療ができて治療にかかる医療費も高額になることがあまりないので経済的に負担をかける心配もありません。健康診断の検査項目には、血圧測定や尿検査、血液検査、胸部エックス線検査、心電図検査、聴力検査、視力検査、眼圧検査などがあります。より詳しく検査したい場合には、オプションを追加することができます。オプション検査には、胃カメラ検査やマンモグラフィー、子宮がん検査、乳がん検診、CT検査、MRI検査、超音波検査、肝炎ウィルス検査などがあり希望によって追加することができます。検査を受ける病院によっても検査内容などが違うので、検査を受ける前に調べる必要があります。検査結果は、医療機関によって異なりますが、検査を受けてから1週間から2週間ぐらいで結果がでるところもあります。